たんぽぽコーヒー(森下薬農園)

たんぽぽコーヒーとたんぽぽ茶の違いや原材料は?どっちの呼び方がいい?

たんぽぽコーヒー たんぽぽ茶 違い 原材料

ノンカフェインで妊娠中や授乳中にも飲めるたんぽぽコーヒー

同じくカフェインを避けなければいけない方が検索してよく目にするワードとしてたんぽぽ茶というのもありますね。

どちらもたんぽぽから作られるということは分かりますが、どう違うのか?

ノンカフェイン飲料として選ぶのに適してるのはどちらか。

それぞれ原材料は何なのか?

買物に失敗したくはないので色々と気になってきます。

そこで今回は気になる2つの種類の

たんぽぽコーヒーとたんぽぽ茶の違いや原材料は?どっちの呼び方がいい?

について情報をシェアしたいと思います!

たんぽぽコーヒーとたんぽぽ茶の違いや原材料は?

たんぽぽコーヒー たんぽぽ茶 違い 原材料

たんぽぽコーヒーとたんぽぽ茶は同じもので原材料も同じ!

妊娠中や授乳中はカフェインを控えるよう言われていますが、体調が悪かったりストレスも多く、こういう時こそリラックスのティータイムが欲しいですね。

特にコーヒーを嗜好している女性は多いはずで、妊娠する前は一日に何杯も飲んでいた、カフェのこだわりのコーヒーが好きという人も結構います。

妊娠中や授乳中でなくても、カフェインが合わない体質でおいしいノンカフェインを探している方、カフェインは冷えるので控えている方もいるでしょう。

そんな方たちの多くが情報を探してたどり着くのがたんぽぽコーヒーとたんぽぽ茶なのではないでしょうか。

このたんぽぽコーヒーとたんぽぽ茶、呼び名は違っていても、実は同じものなのです。

どちらもたんぽぽの根を原料としたノンカフェインの飲み物です。

たんぽぽの根は「蒲公英(ほこうえい)」と呼ばれる漢方で、乳腺炎・乳汁欠乏症・胃炎・感染症など炎症の改善に使われる野草でした。

苦みがあるビタミン類を含んでいるため、このたんぽぽ根を使ってコーヒーに似た風味の健康飲料をと開発されたのがたんぽぽコーヒー、たんぽぽ茶です。

メーカーによって呼び方が異なっているだけで、原材料はどちらもたんぽぽ根で同じです。

たんぽぽの根を乾燥・焙煎したものです。

ただ、メーカーによってはたんぽぽの根以外のものをブレンドしていることがあるので、注意が必要です。

その点、森下薬農園のたんぽぽコーヒーなら、混ぜ物はなく100%たんぽぽ根なのでノンカフェインとして安心して飲むことができますよ。

たんぽぽコーヒーとたんぽぽ茶どっちの呼び方がいい?

たんぽぽコーヒー たんぽぽ茶 違い 原材料

◇自分が飲むときに感じた風味の呼び方でOK!

たんぽぽコーヒーとたんぽぽ茶、同じものだとして、呼び方はどっちが良いのでしょうか?

これはどちらが正解、ということはないのです。

この飲み物はつまりはコーヒー豆以外で作られた代用コーヒーということですね。

代用コーヒーには色々あるのですが、ゴボウを煎ったもの、大豆を煎ったもの、どんぐり(!!)を煎ったもの等があり、つまりどれも煎ることで苦みをつけています。

ただ、単に苦い味がする飲み物というだけでなく、それぞれ体に良い作用もあるなど健康茶的な意味合いもあります。

実際、ヨーロッパではハーブティーとして昔からよく飲まれていた健康茶でした。

そのため、飲む人がコーヒーのように苦い風味のある飲み物を楽しみたいのか、健康によいお茶を楽しみたいのかによって呼び方を変えるといいですね。

ちなみに、飲んでみた人の感想として一般的なものとしては

  • 焙煎してあるので色が結構黒い⇒コーヒーっぽい
  • 香りも味も苦みがある⇒コーヒーっぽい
  • お湯から早めに引き上げると茶色で苦みも少ない⇒健康茶っぽい
  • 炎症によい・乳腺炎に良いなど効能多い⇒健康茶っぽい

というものでした。

ご自身がどういうものを求めているかによって、気分で呼び方を選んでみるとしっくりきそうですね。

まとめとして

たんぽぽコーヒーとたんぽぽ茶は呼び方がメーカーによって違いますが、中身は同じたんぽぽ根を焙煎したものでした。

求める消費者のニーズによって、メーカーもたんぽぽ根の特性をどう出すかのさじ加減が違っているので、このような違いが生まれるのでしょうね。

森下薬農園のたんぽぽコーヒー(たんぽぽ茶)は、味も良く飲みやすいと評判です。

ノンカフェインで体に良い飲み物をお探しの方は試してみてはいかがでしょうか。

 

森下薬農園のたんぽぽコーヒーを詳しく知りたいならこちらの記事がおススメです↓

たんぽぽコーヒー(森下薬農園)の口コミ評判や妊活に効果アリ?人気の味は?